So-net無料ブログ作成
検索選択

Time Machine不調の原因 [Apple]

前の日記でディスク容量が足りないことを書きましたが、なんと、iTunesが80GB近くにも肥大化してましたorz 外付に出すようにしますです。これで本体はかなり減るな。。。

Time Machineがディスクが足りないって、うるさいので、もしかして差分のデータを追加したディスクに保存できはしないだろうかと考えて、やってみたところ出来ませんでした。。。一旦、Time Machineの割当を別のディスクにしたので、元に戻そうと思ったら、アクセス権がないとかで戻せない!でも、確認したらアクセス権はちゃんとあります。

ネットで調べたところ、情報がありました。
TimeMachineで“○○に保存するためのアクセス権がありません”と表示されバックアップできない問題

対処方法は、不具合の原因となっている不可視ファイルを表示させて、削除するというものでした。標準機能だけでもファイルの可視化はできるみたいですが、コマンドラインの操作になるようでした。Onyxというフリーソフトを入れると、GUIで対応できるということで、試したところ直りました。こんなスゴいソフトをフリーで配布してくださる作者様に感謝です。

Onyxは、かなり高機能なようですが、Windowsでいうところのレジストリのような深いところの操作ができるようなので、取り扱い注意っぽいです。それにしてもMacって、不可視ファイルの表示は、結構面倒なんですね。。。ユーザーにこういうところを触らせなくても良いのが売りなんだと思いますが、今回みたいな不具合があると、ちょっとね、という感じです。でも、すぐに直って良かった。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。